新年度の学習をより充実させるための2つの準備事項

今年はゆっくりと桜をめでる時間をとれていなかったので、
午前中に近所の公園で、30分程、まったりしてきました。


ベンチにゴロっと寝っ転がって、地上から見上げた空は
とても高く、澄み切っていました。

画像の説明



桜 ガ 遠ク マブシイ


このブログを読んでくださっている皆様は、きっと
何かを学ぶことが好きだったり、
今の成績をどうにかしたいと思っていたり、
最初の一歩を踏もうと、リサーチしている段階だったり、


前向きな方が多いのかな、と思います。



だって、映画やスポーツなどの娯楽の話ではなくて、
子育てや勉強のお話しばかりのブログに
目を通していただいているわけですもの。


さて、 来週から、いよいよ新学年が始まります。
どんな一年にしていきたいですか?



「一年の計は元旦にあり」とは言いますが、
学校のスタートはこの4月です。


新学期が始まる前に、ぜひ、これからの一年について
少し考えてみてくださいね。




画像の説明


背筋 ノバシテ 頑張るぞぉおおお!!




とは言っても、

「考えるって、何をどうすればいいの?」と思いませんか?




そこで、今日は、


「新年度の学習をより充実させるための2つの準備事項」


について、私が生徒の成績アップのためにしていることを
お伝えしようと思います。




まずは、通知表のチェックです。


春休み第一回目の授業の際、生徒に

「いいもの、持ってきてくれた??」と笑顔で迎え入れます。
(なんの話だ??)と思っているお子さんも、
休みの度にやっていると、わかるようになりますね。



そして、後期(3学期)の成績を見ながら、お話します。

また、前期(1、2学期)と比較して、
1年間の成績を再度チェックする事もします。
(実は私は、必要に応じ、数年分チェックします)


そうすると、

「数学は2→1か… 関数が苦手だもんな。。」
「社会は4に上がってる!地理より歴史が好きだから!?」
「英語はずっと3のままだったな。」

などなど、発見があるので、一緒にメモしていくと、
お子さんの意識が上がりますよ。





ただ、学力は小さなステップの積み重ねで上がるもの。
それなのに、「通知表の数字」というのは5段階でしか表現されないのですよ!?


少し、大雑把な学力評価だと思うのです。

お子さんの「本当の実力」が反映しにくいと思いませんか?




そこで、もう一つ、していることがあります。


それは、この1年で受けた

模擬試験結果、定期テストの得点を必ずチェックです。


通知表の数字よりも、こちらの数字の方が細やかですから、
お子さんの実力が反映されやすいと思いませんか?

テストで出来なかった分野はお子さんの苦手分野です。
これからの課題ですね。



1成績表のチェック
2模擬試験結果、定期テストの得点チェック



それらを通して、お子さんの得意不得意をしっかり把握しましょう。




「理科を10点上げる」
「全教科の平均点を90点以上にする」
「一年後には成績表から1をなくす。」

新年度の学習計画を立てていきましょう。



画像の説明



遠く眩しかった桜も、
自分の足で立ち、腕を伸ばせば、ほら!

手の中に



夢は叶えていきましょう(^0^)






日本ブログ村ランキングに参加してみました
応援いただけると、嬉しいです。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

ポチッ!