テストで結果を出すお子さんの2つの共通点


先日、
「先生!間違えてランドセルで来ちゃった!!」


  s_10013937_756258661058667_1380049148_n (1)


と元気よくやってきました。


そうなると、普段使っている塾のテキストはもちろん持ってきていません。
塾にある別のテキストで勉強しました。


気分転換になったようで、喜んでいました(笑)



さて、春期講習では参加されている生徒さんたちは
たくさん復習と予習をしています。



授業内容は、まずは土台作りからです。



過去の数年分にさかのぼって単元の復習をし、
しっかり思い出してもらっています。


その後に、新学年の予習を行います。
土台の整備をせずに、新年度の予習を始めてしまうと、
のちのち抜け落ちしている部分が出て、大変なことになるのです。



 画像の説明


(ボク、さんすうのせいせき、あがったヨ!)




テストで結果を出し、近い将来、志望校に合格するためには、
しっかりと日々積み重ねていく必要があります。



私が今までお子さんを指導してきて、
すぐに結果が出てくるお子さんとそうでないお子さんがいます。


そして、
結果を出している生徒には共通点があります。


まず、言われたことをきちんとすぐやるということ。
どんなことでも、すぐやる人は当然、結果も出ます。


そして、
あきらめずに続けるということ。

勉強はお子さんの地道な積み重ねで行われるものですね。



お子さんが結果を出せていない場合は

塾へ通っているという行為だけで満足してしまっていないか

家での行動を確認してみてください。
塾に行ったことに安心して、その他の時間をどう過ごしていますか?





たとえば、中学校の英語の授業は
週に45分×5回=225分に対し、塾の授業は90分1回です。

その90分の塾の授業に参加しただけで、
学校だけでは伸びなかった成績が本当に伸びるのでしょうか?
時間が学校に比べて、圧倒的に足りないと思いませんか?

それを補うのが、塾で出されている宿題です。



とはいえ・・・・

私は、塾の先生を長年続けて、
そのようなお子さんは、いくら言ってもやらない場合がほとんどなので、
言っただけではダメだと悟りました。


そして、同じ、思いを味わったお母様も多いはず!



だからといって、めげてはいけません!

大事なことなので、もう一度書きます。
結果を出している生徒には共通点は


1 まず、言われたことをきちんとすぐやるということ。


授業中に行えるので、実践しやすい環境です。


2 あきらめずに続ける、ということ。


そう、これ!

続けることが大事なのです。



塾に通って安心して、授業以外の時間
携帯電話をいじったり、漫画を読んだりしているだけではダメですよ。

そして、宿題を適当にやっていると伸びません。
結果を出すお子さんは、言われたとおりの手順で
きちんとやってくるのです。

努力を続けているのです。




でも、どうしても、お家ではできない・・・
誘惑には負けてしまう・・・


そんなお子さんが多いのも事実です!


・・・・あれえ??戻ってしまいましたね?
これが親子のジレンマ?


そこで!当塾では


[check]なんとしても、成績を上げたい。
[check]でも、おうちだと、つい遊んでしまい身が入らない
[check]そう、このままではいけないと思っている!

当てはまるお子さんのために、
通常授業に加えて、スペシャルサポートを作りました☆


これで親子のジレンマは解消!


このサポートで、成績アップを果たした男の子の感想です。


画像の説明

このサポートシステムは、
大手塾では絶対に真似できないシステムなのですよ。


体験申し込み  ただいま受付中です☆★☆






日本ブログ村ランキングに参加してみました
応援いただけると、嬉しいです。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

ポチッ!